知らずにやると逆に疲れる!人気の疲労回復法のウソ・ホント

人気の疲労回復法は本当に回復する?逆に疲れる疲労回復法はこれだ

疲労回復の方法を調べると色々な情報が出てきます。○○を食べたら○○になるとか、○○をするには○○が良いとか。

 

そんな様々ある人気の疲労回復法は実際に効果って疲労回復するのか調べてみました。

 

 

疲れた日は焼肉を食べてパワーチャージ

脂肪分の多い食事は消化に時間がかかり、胃腸に負担をかけて内臓の疲労が増大してしまいます。あくまで一時的なストレス解消にすぎません。

 

疲労回復にはアミノ酸飲料がいい

BCCA(ロイシン、イソロイシン、バリン)は激しいウェートトレーニングなどによる筋肉の損傷の回復には効果的。その一方でアミノ酸のバランスを崩してしまうので長時間の労働や運動には逆効果になります。

 

深夜の残業はカフェイン入りのドリンクで眠気解消

カフェインの覚醒作用で疲労感がマヒしているだけです。疲労は回復できません。カフェインの効果が切れた時のリバウンドで逆に眠気や疲労感が増してしまいます。
エナジードリンクや栄養ドリンク剤にもカフェインが含まれている商品もあるので、そのような商品でも疲労感はマヒできても疲労自体は蓄積し続けます。

 

疲れると酸っぱい食べ物が食べたくなる

レモンや酢に含まれているクエン酸は、疲労回復のためのエネルギーを作り出すのに必須の栄養素です。毎日摂取すると疲労予防にも最適です。

 

熱いお風呂で汗を流してリフレッシュ

熱いお風呂(40度以上)のお湯は交感神経を刺激して、全身の緊張が強くなったり、血圧が上がったりするほかに、脳ににある自律神経中枢の細胞に多くの活性酸素が発生します。活性酸素が増えることでリラックスどころか逆に脳疲労が蓄積されます。
入浴自体は悪くないですが、入り方に気を付けましょう。

 

仕事帰りは毎日ジムに行ってストレス発散

ジムで激しい運動をすると快感や興奮を感じる物質が脳内に作用し、疲労感がとれたような錯覚に陥ります。運動をするにしても、血行を促進する程度の軽い運動をするようにしましょう。

 

近くの公園で森林浴でストレス発散

緑色の葉の香りの元となっている「青葉アルコール」「青葉アルデヒド」という物質は、疲労回復に効くことが科学的に証明されています。森林浴は疲労回復に効果的です。

 

 

人気の疲労回復法をいくつか紹介しましたが、回復するどころか疲労の蓄積につながる場合もあります。

 

逆効果にならないように知っておきましょう。

 

 

日本予防医薬のイミダペプチドドリンクの特徴やお得な購入方法はサイトのトップページで紹介しています。
詳しくはサイトトップページをご覧ください。
>>トップページを見に行く